耐用年数について

作業員の後姿

日本の住宅事情の1つとして、空き家が増加しつつあることが社会問題にもなりつつあります。
そのため中古住宅の購入価格についても、安価な住宅が増えつつあり、近年流行している中古マンションの購入からのリフォーム工事と同様に、中古の一戸建ての購入を行い、そこからリフォームを大規模に行うことで、新築同様の外観と住み心地を実現する人が増加しつつあります。
そのリフォーム工事において、エクステリアと住宅機能の保護という観点から大きな役割を果たしているのが、外壁塗装でです。
古い一戸建てであっても、外壁塗装によって大きく生まれ変わり、建設当時の新築の状態と違わない外観を実現できます。
外壁塗装のリフォーム工事は、このように中古一戸建ての購入者には外観の変更を容易に実現してくれる手段として受け入れられており、今後も増加すると見られています。

施工を依頼するリフォーム会社や塗装会社はその道のプロフェッショナルですから、全てを任せておいても問題ありません。
しかし自分でリフォーム工事のトータルコストや仕上がりを正しく判断して理解するためには、最低限の知っておきたい注意点もあります。
その注意点の1つが塗料のランクについてです。
アクリル系の塗料は安く、光触媒の塗料は性能が優れているため値段も高いと、塗料にはそれぞれ種類別に価格傾向があります。
しかしそれらの塗料にはランクが存在し、高価な塗料でもランクが低いものを使用すると、それだけ性能も落ちてきます。
そのため塗料は種類だけでなく、ランクについても注意をして外壁塗装の内訳を見ていく必要があります。