デザインの良い家

外壁塗装の効果

家の壁に手かける男性

外壁塗装は簡単にいえば壁を守るためにぬる塗装のことです。見栄えを美しくするだけではなく、雨風の影響から壁を守ります。外壁塗装の中には汚れを自ら分解する構造をもつ塗装も存在します。

Read More

塗装のタイミング

外壁塗装中の様子

外壁塗装を行うタイミングは、表面が粉っぽくなってきてきた時から、塗装の表面にヒビが入ってきた時です。この時期を過ぎると塗装はぼろぼろと剥がれ落ちていき、壁がむき出しの状態になります。

Read More

塗装の種類

改築作業中の作業員

外壁塗装には様々な種類が存在し、メーカーによっても違いが生じます。耐用年数が高く、汚れなどがつきにくいものが良い外壁塗装の塗料だと言えるかもしれませんが、コストが高くなります。コストと効果が見合ったものを選びましょう。

Read More

耐用年数について

作業員の後姿

外壁塗装の塗料によって耐用年数が変わってきます。平均的に安い塗料は4~7年、良いものだと20年ほど持つものも存在します。塗料によって塗替えの時期は変化していくので、大体の耐用年数はチェックしておきましょう。

Read More

外壁塗装のメリット

古びた赤いドア

電気代が節約できる太陽光発電にはメリットばかりではないんです!デメリットについても少し視野に入れながら検討してみてください!

東京で解体工事を行なうなら、直接施工のこちらに依頼しませんか?依頼者の立場でサービスを提供してくれる優良業者です。

住宅でも外壁はとても重要だと言えるのではないのでしょうか。
外壁が美しい住宅は全体も美しくみえます。
外壁は時が経つにつて劣化し、そして剥がれていきます。
ヒビが入ってしまった、塗装がはがれてしまった、このような事があってもそのまま放っておいたことで、住宅そのものの寿命が短くなってしまったということもあります。
住宅を美しくするためだけでなく、長持ちさせるためにも外壁塗装は重要になってくるのです。
外壁塗装を行う場合には、優良業者を探すようにしましょう。
壁によってあっている塗料というものが決まっています。
悪徳業者の場合、壁にあわない塗装を施してしまう場合もあるのです。
そのために信頼できる企業に依頼するようにしましょう。

外壁塗装に使用する塗料はコストが違うだけではなく、その効果や持続性も変わってきます。
例えばシリコン樹脂塗料は汚れや色落ちに強く、耐久性にもカビを防ぐことにも高い効果を発揮します。
遮熱塗料パラサーモと呼ばれる塗料は光熱費削減に繋がる省エネ塗料として注目を浴びている塗料です。
塗料はメーカーなどにもよって様々な種類が存在し、それぞれにメリットが存在します。
全てを把握することは難しいですが、希望にあった塗料があるかもしれないので、塗料の種類を決める時に業者に相談してみてもよいでしょう。
基本的には「一般塗料」と「付加的な機能を持つ塗料」で分けることが可能です。

オール電化にすればさらにお得ですよ!太陽光発電を名古屋で導入するなら、アフターサービスが充実しているこちら。